家族葬とは?

基本的に近親者のみで行う葬儀のこと。

家族葬の場合は、訃報を伝えられた、ごく身近な友人・知人も参列し、通例通り、祭壇・柩周り飾りなどを設け、通夜・葬儀といったセレモニーも少人数で行い、儀礼的・社交辞令的な弔問は受けないという事である。

近年では、家族や家族同様の付き合いがある人を中心とした葬儀という意味で使われ、葬儀の「様式」や「宗教形態」を規定するものではない。

家族葬のメリット

近親者のみで行う為、来客のつど弔問者などに気を遣うこともなく落ちついて故人とのお別れができる。

少人数で行う為、変動の大きい返礼品等の葬儀費用の変動も少ない。

尚、基本的には、通常の葬儀で使われるものと、ほぼ同様である。

したがって、家族葬を行う事での基軸的な費用の制的な変化はあまりない。

家族葬のデメリット

知人・近隣住民に知られないよう、葬儀業者の出入りを極力控える為に故人を病院等より自宅に送る事が出来ないケースが生じる。

家族・近親者以外の方に知られる事のないように葬儀を行うため、参列できなかった方々から、葬儀後苦言をを唱えられるなど、不義理が生じる場合がある。

通例の葬儀であれば、参列者に「挨拶」をして一度に故人の死去に至る経緯や弔問のお礼などを伝える事ができるが、事後報告であるために、後に知ったタイミングごとに、知人・友人などに個々に何度も同じ話しをしなくてはならない上、無期限に自宅に弔問客が訪れる事になる。

家族葬であっても、葬儀用物品、サービス金額は通常の葬儀金額とほぼ変わらない。

又、通常の葬儀ならば、弔問客が訪れた際に、ある程度見込める、香典・弔い金がほとんど発生しないため、香典を葬儀費用に充てる事が難しく、一般葬よりも施主の直接の費用負担が大きくなる事もある。

やすらぎホールの考える家族葬とは

前述のように、近年家族葬でお願いします。というお問い合わせが多くなっております。

その度に、良くお話を伺っていくなかで、人数面(お付合い度合)金額面で、すべてお客様一件一件ご要望が違います。

だからこそ「家族葬で行いたい!!」「いくらですか?」といったご質問に対し、即答することが難しいのです。

「家族葬」と言えば、簡単な言葉ですが・・・
とても、意味深いキーワードだと考えます。

どうか、大事な方の歩んでこられた道のり、功績を良く振り返って頂き、送る側、送られる側の意志の意味が重なり合う思いのいっぱいつまった「家族葬」を提案致します。